駐日スウェーデン大使
ペールエリック・ヘーグベリ

スウェーデン王国
Kingdom of Sweden

Ambassador of Sweden to Japan
Pereric Högberg

Sweden_PHogberg.jpg

あるスウェーデンの短編映画監督はかつて、「どんな良い物語でも、その本質は1分で語ることができる。」と語りました。

 

スウェーデンの映画制作者の多くは、短編で仕事をする傾向がありますが、それはおそらく彼らが失敗を恐れることなく、芸術的に自分自身を試したり探求したりする事ができるからでしょう。人々はこれら短編映画を通じ、スウェーデンの文化、社会、国民性を楽しく知ることが出来ます。

 

「みゆき野映画祭in斑尾」 は日本の観客の皆様に短編映画を通じてスウェーデンを紹介して頂いて、今年で14年になります。日本で映画祭の為に一生懸命に努力してくださった皆様に心からの感謝を申しあげます。パンデミックがすぐに収束し、皆様ご一緒に映画を楽しめるようになることを願っています。

A Swedish short film director once said: The essence of any good story could be told in one minute.

 

Many Swedish film makers tend to work a lot in this short format, probably because that’s where they can experiment and exploring themselves artistically, without being ruined. These short films are also an entertaining way of learning about Swedish culture, society and mentality.

 

Through short films, Miyukino Film Festival has been introducing Sweden to their Japanese audience for 14 years now, and I really want to thank you for your diligent and hard work. Hopefully the pandemic will be over soon, and we can start enjoying films like they should be: in the company of other people!